Home近刊新刊既刊お問い合わせ会社概要

新刊のご案内

リベルタス学術叢書 第5巻
これからの ウィトゲンシュタイン -刷新と応用のための14 篇

ドイツ医療倫理学の最前線-人格の生と人間の死
[ リベルタス学術叢書 ]

編著者:荒畑靖宏/山田圭一/古田徹也
著者:入江俊夫/大屋雄裕/菅崎香乃/田中久美子/西阪仰/野村恭史/林大悟/平田仁胤/水本正晴/吉田寛(五十音順)

21 世紀の今、ウィトゲンシュタインから何を学びうるのか?
多様な分野の研究者が結集し、最新の知見を基にあらためて問い直す!

2016年11月刊行
定価:本体3,200円+税
ISBN:978-4-905208-05-1
出版社:リベルタス出版

[詳 細]

Topics

ドイツ医療倫理学の最前線-人格の生と人間の死
ド イツ医療倫理学の最前線 -人格の生と人間の死
著者:ミヒャエル・クヴァンテ(Michael Quante)
訳者:高田純(監訳)、盛永審一郎、長島隆、村松聡、後藤弘志

2014年12月刊行
ルソーの思想とは何か -人間であり、市民であること
リベルタス学術叢書 第3巻
ルソーの思想 とは何か -人間であり、市民であること
著者:佐藤 真之

2012年12月刊行
このページの上に戻る